MENU
空室情報
share
follow
facebook
twitter
instagram

My Hakone Time by 天悠

箱根人だから教えられる箱根のいいこと、いいところ。vol.3 はこねのもり女子大学
Vol.3 はこねのもり女子大学代表理事 篇

箱根で活躍する人に、箱根の新たな魅力を教えていただくインタビュー。

「箱根での体験が、忙しい女性の癒やしになれば」

今回は、はこねのもり女子大学 代表理事で、アロマテラピーインストラクターでもある

木村容子さんが、自身の活動内容や、大学運営への思いを語ってくださいました。

 

>>Vol.1 CAFE Ryusenkeiのマスター篇はこちらから<<

>>Vol.2 OTA MOKKO 篇はこちらから<<

「箱根を元気に」「自然をベースに活動」という思いに共感。

「箱根を元気に」「自然をベースに活動」という思いに共感。

箱根という土地をキャンパスに、箱根ならではの自然や文化に触れて、感性を磨くことを目的とした自由大学「はこねのもり女子大学」(通称・はこじょ)。2014年4月に開校してから、毎月1回、森ヨガ、旅フォトクラブなど、箱根の魅力を再発見できるようなイベントを開催し、注目を集めています。

そんな“はこじょ”に開校当初から参加し、理事として運営に関わっている木村容子さん。“はこじょ”は、どんなきっかけでスタートしたのでしょうか?

 

「箱根で生まれ育った学長を中心に、箱根を愛する人たちが箱根をもっと盛り上げたい、という気持ちでスタートしました。スタート時は、ちょうど東日本大震災のあとで、箱根に人が集まらなくなり、元気がない時期だったんですね。私は、実は箱根で暮らしたことはないのですが、旅行で訪れてとても好きな場所だったこと、また“はこじょ”の思いに共感して、参加することにしました」

 

“はこじょ”は、「聴く」「観る」「嗅ぐ」「触れる」「味わう」というすこやかな五感を取り戻し、感性を磨くことをコンセプトに運営されています。アロマテラピーインストラクターの資格を持ち、自然や香りを大切にする木村さんにとって、箱根の自然は、とても魅力的に感じられたのだと言います。

 

「都心からそこまで離れていないのに、箱根に足を踏み入れると自然が溢れています。私自身、訪れるたびに発見があるし、この箱根の素晴らしさをぜひ多くの人に知ってほしいなと。特に、毎日忙しい女性に向けて発信するということにとてもやりがいを感じています」

仕事、妻、母…。さまざまな役割がある女性がひとりで気軽に参加できる場所に。

仕事、妻、母…。さまざまな役割がある女性がひとりで気軽に参加できる場所に。

この日は、「はこじょ旅フォトクラブin彫刻の森美術館~あじさい電車~」というイベントを開催。箱根に縁のある写真家を講師に迎えて、美術館内を散策しながら写真の授業を行いました。

 

イベントは毎回15~20名ほどで行われ、20歳代~70歳代まで幅広い年代の女性が参加。「自然に触れて癒やされた」「リフレッシュできた」といった感想が寄せられることも多いそうです。

“はこじょ”のイベントは、友人同士はもちろん、ひとりでの参加も大歓迎。日常を離れてひとりで箱根を訪れることでリセットして、また日常に戻る……。そんなリピーターも少なくありません。

 

「女性って日々本当に大変ですよね。会社で働く自分、妻である自分、子供がいれば母である自分。さまざまな役割があって、役割の数だけ人とのつながりもある。多忙な毎日や人間関係に疲れて、煩わしさを感じることは誰だってあると思います。そんな時“はこじょ”を知って、ひとりでふらっと参加すると、すごくいい気分転換になったと言ってくださる方が多いんです。スタッフやリピーターの方たちはもちろん顔見知りになるのですが、あくまで箱根で会って、箱根だけでつながる縁。つかず離れずにちょうどよい距離感が、日常での役割が多い女性には、心地よいんですね。開校当初から、忙しい女性に気軽に参加してもらえる場所になったらいいなと思っていたのですが、3年が経ち、その理想に近づいているのかなと思っています」

仕事、妻、母…。さまざまな役割がある女性がひとりで気軽に参加できる場所に。
箱根の森の自然で壮大な香りに感動! クロモジはぜひ手で触れてみて。

箱根の森の自然で壮大な香りに感動! クロモジはぜひ手で触れてみて。

アロマテラピーインストラクターとしても活躍する木村さん。箱根を訪れると、ここでしか楽しめない自然の壮大な香りに、心を奪われると言います。

 

「たとえば、和菓子を食べる時に使う楊枝の原材料であるクロモジの木。箱根の森に入るとクロモジがたくさんあるのですが、木自体から柑橘系の香りがするんです。とても爽やかな清々しい香りで、ぜひ、森を歩きながら手で触れたり、葉っぱの香りを嗅いでみてほしいですね。特に、雨が上がったあとは香りを感じやすいのでおすすめです」

 

その他にも“はこじょ”の活動を通して、箱根の魅力を再発見。四季折々の楽しみがあり、来るたびに新たな驚きや気づきがあるのだそうです。

 

「今年は、箱根町と協力して森林セラピー ®プロジェクトを行っているのですが、箱根町の“やすらぎの森”もとても美しい。晴れている時に広場から見られる富士山は絶景です。

箱根は、ヨガやウォーキング、ランなどスポーツをするにもすごくいい環境。また、東海道の石畳を歴史を学びながら歩いたときは、体を動かすことと、知的好奇心を満たすことの両方に同時にトライすることができて、とても充実した時間でした。

こんな箱根の魅力をもっともっと知ってほしい。“はこじょ”は今年で3年目ですが、末永く活動を続けていくことが、まずは大切なこと。今後も地道に、箱根の魅力がつまったイベントを開催していきたいと思っています」

(撮影協力=彫刻の森美術館)

木村 容子さん

はこねのもり女子大学代表理事/アロマテラピーインストラクター。 “はこじょ”では、アロマテラピーインストラクターの資格を活かし、香りにまつわる授業も行なっている。また、都内や横浜、川崎などを中心に、イベントやワークショップで、香りとハーブを取り入れる暮らしや、空間環境の面からもオフィスや店舗などに香りを取り入れる提案をしている。写真一番上は、“はこじょ”が発行している健康管理手帳「はこじょ森林セラピー®手帳 2017」。写真一番下は、今年のワークショップが紹介されているプログラム。 HPからご覧いただけます。

http://hakojo.com/

 
箱根の自然を感じる外ヨガのススメ

天悠では、緑に包まれた庭園で、毎日ヨガレッスンを開催しています。

BGMは、小鳥のさえずりや川のせせらぎ。

朝なら目覚めを促すヨガセッション、夕方には心身を癒すヨガセッション。箱根の自然のパワーを受け取り、リラックス&エナジーチャージできるスペシャルメニューです。

 

詳細はこちらでご確認ください。

※すべての情報は2017年7月21日時点のものです

ページ上部へ