天悠

宿泊予約

ご夕食

ご夕食のご案内

箱根の夜が更けるとき。
深く香り、優雅に味わう。

旬のお野菜とステーキ

夕食は、天悠ならではの和洋創作料理をご用意。
和と洋の要素を自由な発想で組み合わせ、調理長が吟味した旬の食材を一品一品丁寧に調理します。

特別客室のご夕食はこちら

ご夕食

  • ご夕食イメージ
  • ご夕食イメージ
  • ご夕食イメージ
  • ご夕食イメージ
  • ご夕食イメージ

お品書き一例(夏:6月~8月)

夕食はダイニングにて。

敷地内を通る東海道(現:国道1号線)は、古来より江戸と京都を結ぶ重要な路であり、全国各地の様々な食材が献上品としてこの路を通っていきました。

旬の地素材を活かした日本料理を基本としつつ、各地の文化交流に一役買った東海道のように、色とりどりの食材と和洋の手法が出会うことによって紡がれる、天悠ならではの献立をお楽しみください。

 旬の地素材を活かしたご夕食

 旬の地素材を活かしたご夕食
前菜
  • 胡麻豆腐 玉蜀黍ソース くこの実 山葵
  • 魚介の南蛮漬け
  • 鮪の生ハム茄子とドライトマトのマリネ
  • ミニオクラともろへいやの浸し 自然薯
  • 蒸し鶏と胡瓜の胡麻ソース掛け
スープ
  • 南京と夏野菜の冷製スープ
      トマトのジュレ
     ヤングコーン 枝豆 ズッキーニ
     人参 ぽろ葱
御造り
  • 海の幸と山の幸の盛り合わせ
     海の幸 鮪 すずき 烏賊
     山の幸 汲み湯葉 わさび豆腐
     彩りの根菜
魚料理
  • 芳醇 和風ブイヤベース
     金目鯛 海老 ムール貝 帆立貝
     ペコロス スナップ隠元
肉料理
  • 国産牛ロースステーキ 和風ソース
     マッシュポテト 冬瓜 トマト
     獅子唐 茗荷のピクルス
御食事
  • 浅利と牛蒡の釜飯
  • 漬物 赤だし
甘味
  • 豆乳プリン黒蜜ゼリー アプリコット寒天
    オレンジレアチーズケーキ 抹茶水饅頭

※お品書と画像は一例です
※仕入れ状況によって一部お品書が変更になる場合がございます

お品書き一例(春:3月~5月)

蛍烏賊や桜海老、筍、菜の花など、春の味覚を贅沢に詰め込みました。天悠ならではの演出も鮮やかな、目にも美しい和洋創作料理です。連泊の場合は、1日目とは異なったお品書きでご用意します。

alt

alt
前菜
  • 蛍烏賊と小海老のセビーチェ
  • ポロ葱のふらん
  • 筍と菜の花の木の芽味噌和え
  • 柚子の香る鯛の昆メ 三つ葉
  • 猪のハムと無花果のコンポート添え
炊き合わせ
  • じゃが芋饅頭 若布 蕗 蛸
御造り
  • 海の幸と山の幸の盛り合わせ
  • 鮪 勘八 甘海老のとび子和え
  • 汲み湯葉 和風サラダ
  • 彩りの根菜
魚料理 芳醇和風ブイヤベース
金目鯛 海老 ムール貝 浅利 旬の野菜の味わい
肉料理
  • 国産牛ロースステーキ 和風ソース
  • 白飽茸 はつか大根 青味(アスパラガス) 箱根山麓南瓜のピュレ
御食事
  • 桜海老と湯葉の炊き込みご飯
  • 赤出し 香の物
甘味 甘味盛り合わせ

※お品書と画像は一例です
※仕入れ状況によって一部お品書が変更になる場合がございます

お子さまプレート

家族旅行の醍醐味は家族みんなで食べるお食事。オープンキッチンで調理人が真心こめておつくりするお料理をお楽しみください。3~6歳のお子さまにはお子さまプレートをご用意します。メインのオムライスと色彩豊かなお料理に笑顔あふれる時間をお過ごしいただけます。
※1泊2食でお申込みいただいた場合となります

お子様夕食
天悠 お子さま夕食お品書
箱盛り
  • 海老フライ
  • 鶏の唐揚げ
  • ハンバーグ
  • ウインナー焼き
  • ナポリタン
  • フライドポテト
  • ボイルベジタブル
食事 オムライス
スープ コーンスープ
デザート バニラアイス果物添え

※お品書と画像は一例です
※仕入れ状況によって一部お品書が変更になる場合がございます

おすすめプラン

箱根を堪能できる宿泊プラン選

ページ上部に戻る