天悠

宿泊予約

箱根小涌園 天悠が取り組むSDGs箱根小涌園 天悠が取り組むSDGs

  

箱根小涌園 天悠は開業以来、「自然と和のおもてなし」をコンセプトにお客さまをお迎えしてまいりました。「自然」とは変わることのない美しい箱根の自然を意味し、「和」は日本文化の継承を意味します。この理念はSDGsに通じる部分があると私たちは考えております。これからもこの理念をもとに、ご滞在のお客様により快適に、そして楽しくお過ごしいただくだけでなく、持続可能な社会の実現に向けて考え行動していくことのできる旅館づくりを目指してゆきます。

SDGsとは?

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標のことです。

主な取り組み

地域社会への貢献・連携

~箱根の魅力を発信・地域活性化を目指す~

天悠では、独自に箱根の自然散策ツアーを行っております。ガイドをするのは、箱根DMO公認ガイド資格を持つ天悠スタッフ。マイナスイオンをたっぷり感じることができる観光スポット「千条の滝」へ行くウォーキングコースなど、五感を感じながら楽しめるアクティビティをご用意しております。
また、天悠コンシェルジュが箱根を満喫できるアクティビティやスポットをご提案。中でもハコネマウンテンリッパーは箱根の大自然を存分に体験できるおすすめのアクティビティ。マウンテンバイクという環境に優しい手段で、箱根の大自然を巡るツアーを行なっています。このツアーを主宰する鈴木教仁さんは箱根育ち。箱根の魅力を国内外に発信したいとの想いから、ハコネマウンテンリッパーをスタートさせました。そのほか、天悠の近隣には国内初の野外美術館で箱根の山々の景色が見渡せる「箱根 彫刻の森美術館」や陶芸、吹きガラスなどを体験できる「箱根クラフトハウス」など様々な施設がございます。お客様に箱根を楽しんでいただくため、そうした近隣施設をご紹介しております。このように地元企業と連携することで箱根の魅力を多くのお客様に知っていただき、地域の活性化につなげます。

~地域の伝統工芸・箱根寄木細工を発信~

天悠では、日本古来の伝統を再生する「OTA MOKKO」とともにプロデュースした箱根の伝統工芸・寄木細工の体験キットなど、楽しみながら伝統工芸に触れる機会を創出。また館内ギフトギャラリーにて、寄木細工の商品を展示・販売し、寄木細工を発信する取り組みを行っています。

~「箱根をきもので歩こう」プロジェクトの推進~

2022年1月6日(木)より一般財団法人 民族衣裳文化普及協会とのコラボレーション企画「天悠スタッフによる着付け・きもの付特別宿泊プラン」の販売を開始。日本文化を象徴する「きもの」を着用し箱根観光を楽しむことによって「きもの」をより身近なものに感じていただくことを目的としております。また、着付けは協会公認の天悠スタッフが担当。着付けの講師を招いて講習を行うなど、スタッフ個人の能力向上にも取り組んでいます。

地域食材の活用

~朝食「和洋ビュッフェ」 約30品目の地元食材を使用~

朝食にご提供する「和洋ビュッフェ」は、約30品目の地元食材を使用しています。かながわブランド有精卵「さがみっこ」のオムレツやスクランブルエッグ、箱根大平台の姫の水豆腐を使用した煮物やカレー、伊豆産ジビエのポトフなど、様々な料理に地元食材を使っています。また、お客様に安心をお届けするため、使用食材はポップで明記し“見える化”に取り組んでいます。

CO2排出量の削減

~エコ清掃の推進~

2日目以降ご宿泊のお客様には滞在清掃の要・不要を確認し、不要の方には館内利用券500円分をお渡ししております。この取り組みによって、リネン類(シーツやデュベカバー、枕カバーなど)のクリーニングを減らし、水資源の削減、CO2排出の削減に貢献いたします。

~省エネルギー化の推進~

不使用時は、客室に設置している冷蔵庫の電源をオフにする取り組みを行っております。また、客室のトイレにはポップを設置し、トイレットペーパーの使い切りに協力を呼びかけています。こうした取り組みにより、使用電力の削減・森林破壊の予防、ひいてはCO2排出量の削減へとつなげます。

~廃棄ごみの削減~

ごみの分別を徹底して行っております。分別された生ごみは処理機を使用し液体化させ、下水処理をすることにより、ごみの量を削減。ごみの焼却処理によって生じるCO2排出量を削減します。

環境保全

~プラスチック製品の利用削減~

プラスチックは自然分解されず、環境中に流出すると半永久的に残ってしまうため、海洋汚染・土壌汚染・大気汚染などの大きな原因の1つとなっています。
天悠では、成分分解性ストローの導入、使い捨てのプラカップから繰り返し洗浄して使用可能なプラカップへの変更、持ち帰り可能なタンブラー・ポケットボトルを販売その使用を推奨する仕組みを作るなど様々な取り組みを実施しています。
さらに、ご宿泊ではプラスチック製アメニティやペットボトルウォーターのご用意のない「ECO推進プラン」を販売。当プランでご宿泊のお客様には天悠オリジナルボトルをプレゼント。ご滞在中もオリジナルボトルをご活用ください。また2泊以上ご宿泊の「ECO推進プラン」では客室清掃を行わないため、お1人様に500円の館内利用券を進呈いたします。
プラスチック製品の削減によって、海や山に生きる生物の命を守る、また美しい箱根の自然を守ることへとつなげます。

ページ上部に戻る